男性 化粧水 テカらない

MENU

テカらない・カサつかない男性化粧水がほしい

男性用の化粧水を探していますか?

 

肌がテカったり、ベタついたり、それなのに乾燥したり・・・男の肌の悩みは多いですよね?

 

男の悩みは多い

 

自分に合った化粧水がほしいところですが、どれを選んでいいかさっぱりわからないってことがあるかと思います。

 

実際、私もそうでした。(30代男性・会社員)

 

朝、顔を洗ったらそのままで、カサついたら洗面所にあったニベアを塗ったり、ベタベタしてきたらさらにゴシゴシ洗ったり。

 

メンズのスキンケアなんて意識がゼロでしたから。

 

でも、社会人になって職場で「顔、テカテカだよ。」と言われたとき、ものすごく恥ずかしかったんです。なんか、「社会人としてダメな人」と言われてる気がして。

顔、テカテカだよ。

 

そこで私は目覚めました(笑)「やばい。なんとかしないと・・・。」

 

「人は見た目が9割」というタイトルの本もあるくらいだから、やっぱり見た目は大事。元からの容姿じゃなく、清潔感や身だしなみは職場や学校でのマナーだと思います。

 

別に、女性並みに色々塗らなくてもいいと思うんです。せめて洗顔+化粧水+保湿くらいで。

 

テカるのにカサつく自分の肌体験からも、化粧水の選び方に迷っている人におすすめの化粧水を紹介したいと思います。

 

 

どうして男の肌はテカるのにカサつくの?

では、男性の肌はどうしてテカるのにカサつくことが多いのでしょうか?

 

ある化粧品会社が調査した結果によると、男性の肌は女性の肌に比べて皮脂量が3倍多かったのに、水分量は女性の3分の1であることがわかりました。

 

それに加えて、男性はヒゲそりで毎日角質層を削り取っていることも乾燥に拍車をかけています。

 

他にも、遺伝・体質、紫外線、汗、ストレス、生活習慣などの原因もありますが、

 

女性の肌に比べて皮脂は多くて水分は少ない。かつ、ひげ剃りで余計に乾燥する。これが男性の肌がテカるのにカサつく大きな原因なんですね。

 

悲しむ男性

 

ですので、女性用の化粧品を使うより男性の肌のために作られた化粧品を使うことが必要なんですね。

 

どんなスキンケアをすればいいの?オールインワンって何?

テカリやベタつき、乾燥を防ぐためには、過剰な皮脂を取り除き、肌の油分と水分のバランスを保ち、保湿することが大切です。

 

そのためには

 

  • 朝晩の洗顔で洗顔料を使って肌を清潔にすること
  • 洗顔後に化粧水で肌を整えること
  • 乾燥が気になるなら乳液や美容液、クリームなどをつけること

 

この基本的なケアを毎日行うことが大事になってきます。

基本は大事だよ・・・

 

ただ、今まであまりスキンケアをしてこなかったりすると、この流れさえもめんどくさいと思うかもしれません。私も「化粧水くらいはいいとしても、クリームとか使い方わかんないし。」と思っていました。

 

でも最近は便利な「オールインワン」化粧品が色々ありますので、それを使うというのもいいかと思います。

 

オールインワン化粧品とは、化粧水、乳液、美容液、クリームなどの機能がひとつになった便利なスキンケアアイテムのことです。

 

洗顔をしてオールインワン化粧品をつければ終わりの手軽さが魅力なので、できるだけ手軽にケアを済ませたい人や1年中乾燥が気になる人にいいと思います。

 

男性化粧水の選び方

肌タイプで選ぶ

肌タイプ(肌質)は水分と油分(皮脂)のバランスで4つのタイプに分けられます。

  • 普通肌

    水分は多く、皮脂は少なめ
    肌トラブルは少なめなので、肌のバランスを保つ基本のケアを。

  • 乾燥肌

    水分、皮脂の両方が少なめ
    水分と油分をバランスよく補って、保湿成分や保護成分が配合された美容液やクリームなどを。

  • 脂性肌

    水分、皮脂の両方が多め
    皮脂や角質、毛穴の汚れを落とすための洗顔をして、皮脂抑制成分や収れん成分が配合された化粧水や美容液などを。

  • 混合肌

    皮脂は多く、水分は少なめ
    保湿ケアを中心に、乾燥しがちな部位に美容液やクリームなどを補給したり量を調整するなど、細かなケアを。

自分の肌タイプに近いものを参考に選びましょう。

 

テクスチャーで選ぶ

テクスチャーとは、さわり心地やつけ心地、肌にのせた時の質感のことです。メンズ化粧水はだいたい2つのタイプに分けられます。

  • サラッとした化粧水タイプ
  • とろみのあるジェルタイプ

化粧水の中でも、オールインワンタイプはジェルが多く、通常の水のような化粧水タイプに比べて手に取ったときにトロッとした触感になります。

 

男性 化粧水 テカらない,ベタつかない,オールインワン,スキンケア,選び方

 

ただ、ジェルタイプでも伸びが良くて素早く肌になじむものが多いので、そういうものはベタつかずにすぐにサラサラになります。

 

どちらもテカリやカサつきに対応していますが、よりテカリが気になるようでしたらまずはサラッとした化粧水タイプを選ぶといいかもしれません。

 

それで物足りなさを感じたら美容液やクリームを足すか、オールインワンを使ってみるという方法もあります。

 

おすすめの男性化粧水は?

数ある男性化粧水の中で、テカらないのに乾燥肌にもいい化粧水を選びました。どれも人気があって売れているものです。

 

洗顔料もできれば同じメーカーのものを使った方が効果的ですし、セットで購入するとお得だったりするので合わせて紹介します。

 

BULK HOMME(バルクオム)BASICコース

 

 

  • 化粧水タイプ
  • 洗顔料と化粧水のセットコースが初回91%OFFの500円(※注意事項あり)
  • 洗顔料:生石けん+クレイミネラルズで肌をいたわりながらスッキリ洗える
  • 化粧水:トレハロース配合で潤って低刺激
  • フローラルフルーティーの香り
  • 全額返金保証制度あり
  • 他にも乳液や日焼け止めなどもあり

 

バルクオムは、窪塚洋介がイメージキャラクターでデザインもカッコイイから洗面所に置いてもサマになるね!


詳細はこちら

 

ZIGEN(ジゲン) オールインワン フェイスジェル

  • オールインワンジェルタイプ:化粧水・乳液・美容液・クリームの4役がこれ1本
  • 3大美容成分(5種類のヒト型セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン)など配合
  • 73種類のミネラル配合で外的刺激、乾燥から肌を守る
  • 15種類のアミノ酸で肌に潤い
  • アルコールフリー、オイルフリー、パラベンフリー、合成界面活性剤フリーで敏感肌にも低刺激
  • 無香料
  • 価格:3,990円(お得なフェイスウォッシュとのセットもあり)

 

 

ジゲンは、肌にいい成分が多く配合されて敏感肌にも良さそうだね!リニューアルされてさらに進化したよ。


詳細はこちら

 

ORBIS(オルビス)メンズスキンケアMr.シリーズ

 

 

  • オールインワンジェルタイプ:1本で4役
  • 洗顔料と化粧水の2ステップのスキンケア
  • 洗顔料:炭×モロッコ溶岩クレイのW吸着成分で汚れ一掃
  • 化粧水:“べたつき乾燥”だけでなく、アフターシェービングケアなど肌を整える
  • 無香料
  • 洗顔料価格:1,404円/化粧水価格:1,728円

 

 

オルビスは、2ステップ完結の手軽さとコスパがいいのが魅力だね!


詳細はこちら

 

PHYTOGRAM(フィトグラム)ローション

 

PHYTOGRAM-フィトグラム-

 

  • 化粧水タイプ
  • 洗顔フォーム・ローション・ミルクの3ステップのスキンケア
  • 人気メイクアップアーティストの小椋ケンイチ(おぐねぇー)がプロデュース
  • ”Made in Japan”にこだわった日本古来の10種の植物エキス配合
  • とろみがあって肌につけやすいのでアフターシェーブローションとしても使える
  • 無香料・無着色
  • フェイシャルフォーム:1,944円/ローション:2,700円/ミルク:2,700円

 

 

フィトグラムは、肌のことを知り尽くしたおぐねぇープロデュースというのがポイント高いですね。


詳細はこちら

 

男性化粧水のまとめ

 

どの化粧水も男性の肌に合うように作られているので安心して使えますね。

 

私個人的には、BULK HOMME(バルクオム)BASICコースはおすすめです。さっぱりした化粧水タイプが自分の好みですし、洗顔料と化粧水のセットが初回91%OFFの500円なのはかなり安いと思います。

 

【バルクオム】BASICコースはこちら >>

 

それぞれに特長があるので、自分の好みや肌質に合ったものを選んでみてください。

 

お互いスッキリ潤った肌をめざしましょう!